2009年のリーマンショック後にほんの就職率は下がっています。そのなかはやはりキャリアが必要です。

自分のキャリアを活かした就職活動をしましょう
自分のキャリアを活かした就職活動をしましょう

就職するのにキャリアは必要か?

自分のキャリアを活かした就職活動をしましょう
日本の経済は2009年のリーマンショック後からますます弱まってきています。そんな中で企業は簡単に使えるか使えないかというのは、やはりキャリア、つまり学歴などで判断することが多くあります。そんななかで僕はある程度キャリアは必要かなと思います。一方、地方の町工場では人手が足りなくて困っています。みなさんは、企業に就職ということを考えているかもしれません。しかしながら、町工場は人を欲しがっています。なぜかと言うとちょうど戦後の技術を持った人が引退する時期にさしかかっているからです。なのでその町工場としては若い人が欲しいのです。そんな町工場に就職すれば、働けなくなる人はかなり少なくなると思います。そして、日本の町工場の技術がもっと上にいけると思います。そうすれば就職率は上がります。

では町工場はいったいどんな仕事を主にしているのでしょうか?町工場は大手企業が作る部品の生産などをしています。しかし、そんな町工場が人手不足なので働き口がいくらでもあるのです。しかし、就職した後の安定感は企業への就職ですが、最近はその就職も困難になってきました。そのなかではやはりキャリアと言うものが必要になってきます。なので、出来るだけキャリアは高いほうがいいです。しかし、本当に企業が求めているのはキャリアが高い人ではありません。仕事に対してまじめな人です。そんな人が面接などで受かることが出来るのです。面接と言うのは企業にとっても将来の社員と直接会う機会なので、とても重要です。ありきたりに言葉ではいけません。自分の心なのではないのでしょうか。

Copyright 2018 自分のキャリアを活かした就職活動をしましょう All Rights Reserved.